ごあいさつ

橋本五郎氏メッセージ

どうか気軽にご利用を

橋本 五郎

 「五郎文庫」がスタートして一年半が過ぎました。「廃校に小さな文化の花を咲かせたい」という私のささやかな望みは、予想をはるかに超えた形で実を結んでいます。これもすべて、小玉陽三さんはじめ地元の人たちの、ふるさとを何とかしたいという熱い思いがあったからだと思います。文庫ができるまでのすべてを北羽新報の記者さんたちがまとめてくれました。『廃校が図書館になった!』(藤原書店)という本となって近々出版されます。
 2万冊を寄贈し、文庫は出来ましたが、その本は大げさに言えば「爪に火を灯す」ように買ったもの、著者や出版社から送られたものなどさまざまです。学生時代には本の価値判断がつかず、兄が持っていたものを真似して買ったものも随分あります。その多くは古本屋で買いましたが、5円でも10円でも安いものを買おうと足を棒のようにして回ったものです。社会人になってからは、給料の3分の1は家賃、3分の1は食費・衣料費、3分の1は本代という割合がしばらく続きました。それだけに1冊1冊に思い出と愛情があります。
 ある時期まで、「蔵書目録」を作っていました。本の題名と著者、出版社、そして購入日を記入しました。人から見ればさしたる意味はないでしょうが、私にとってはかけがえのない「財産目録」です。送られてくる本が多くなり、忙しさもあって、ここ10年ぐらい目録をつけることを断念してしまいましたが、目録を見ていると、買った時の状況が思い浮かびます。数の問題ではありません。これもまた大げさに言えば、私の生きた人生の証しだと考えています。出来るだけ多くの人に利用して欲しい。その思いには切なるものがあります。

(読売新聞特別編集委員)

橋本五郎氏プロフィール
  • 生年月日:1946年12月29日 山羊座
  • 出身地:秋田県三種町鯉川

 1970年慶応義塾大学法学部卒業。読売新聞社入社 地方部、政治部勤務。論説委員、政治部長、編集局次長を歴任。現在、読売新聞東京本社特別編集委員。 日本テレビ系列「ジパングあさ6」「ズームイン!!SUPER」でニュース解説を担当。

橋本五郎氏

会長あいさつ

橋本五郎文庫へようこそ

橋本五郎文庫運営委員会会長 小玉 陽三

 わが母校である鯉川小学校が、生徒数の減少のため閉校を余儀なくされて3年余となります。また、実はここはかつて小学校だけでなく、中学校も続き棟の形で併設されていたため、9年間の多感な幼少年期の想い出の詰まったところでもあります。
 橋本五郎文庫の設立は、こうしたことと無縁ではなく、橋本五郎さんの熱い想いがきっかけとなったのです。思い出多い校舎を永遠に消えさせてはならないと、当地生まれの橋本五郎さんが、そうでなくても人口減などで寂しくなった故郷を少しでも元気づけたいということで、所蔵する2万冊の本を寄贈して下さったことでできた文庫です。
 今2年目を迎えていますが、文庫を中心に旧学校施設をフルに活用し、様々なイベントを行っています。設立以来本人は勿論、色んな方々が新たな本の寄贈をして下さり、現在2万5千冊を超え、3万冊をめざしております。無理な寄贈依頼はせず、恐縮ながら極力同じ本が並ばないよう蔵書を点検し寄贈いただいております。
 まさしく「兵者どもが夢のあと」となっていた校舎を整備し、文庫づくりの作業をしてくれたのは、皆近隣の方々のボランティアのお陰です。ご婦人が多かったのですが、ほとんどの人は、当校の卒業生ではありませんでした。五郎さんに心酔する人が多く、精力的にしかも楽しく作業が進められました。
 運営委員会のメンバーは、PTAの会長経験者や五郎さんの同級生が中心で今も変わらず、毎月役員会を開催しています。
 こうした人達の頑張りで昨年4月29日開設式を行いましたが、天気予報は勿論誰もが寒さと雨を覚悟した当日は何と朝から晴天でした。先日の2年目の式も晴天で、薄くなった頭をなでながら、身におぼえのある人達でご利益ありと勝手に悦に入りました。
 我々は町からの援助と、卒業生等の寄附、東京みたね会などの応援を得て運営しています。心から感謝しております。
 文庫は田園地帯のど真ん中にあります。しかし、中味は都会の図書館に遜色ないものを、いやそれ以上をと特色あるものになるように心掛けています。それは、絵の寄贈や趣味の会の人達の定期的な展示物の交換で、来館者の気持を癒そうという協力、珍本・奇本展示、著名人の講演など、可能なことに果敢に挑戦していこうという皆の創意工夫があるからと思います。
 このホームページは主に「東京みたね会」のご寄付を運用し、遠方にいる方にも情報を発信していきたいと考えております。インターネットでの双方向のお付合いが出来ればと期待しております。

平成24年11月